お日様と谷と少年の見た幻お日様と谷と少年の見た幻

アナタが考える「博士」と、一般的に想像する「奇術師」は、もしかしたら全く違うかも。そんなことを想像すると、ちょっと面白くない?
汗をたらして叫ぶ君と気の抜けたコーラ

汗をたらして叫ぶ君と気の抜けたコーラ

新入社員の頃に、無知で、ちょっとしたトラブルをもたらしてしまった。
罪悪感を持つことはないと話してくれたお客さんだが、挽回の仕方も分からず、涙が出てきた。
お客さんが、ドトールのコーヒーを差し入れと言ってくれた。
勘違いで2個オーダーしちゃったんだ、とニコニコしながら全く違う飲み物を手に2つ。
背が高くて細くてすっごく親切そうな顔つきをした人。
悪かったな、と思う。

ゆったりとお喋りする母さんと気の抜けたコーラ
有名司会者が引退するので、TVでたっぷりやっているが、とってもすごいですね。
今度の日本の総理がどのような人になるかっていう内容よりニュースでは順番が前だったし。
どのような人が日本の総理になっても変わらないって考える方もすごくいるし、それよりは某有名芸能人が芸能界を引退というのが影響がでるということですかね。

息絶え絶えで踊るあの子とよく冷えたビール

石田衣良さんという小説家に魅せられたのは、愛の紹介で。
「愛がいない部屋」というサブジェクトの小さなストーリーが納められた短編集がパソコンの前に置かれていたから。
故郷の青森のお母さんが読破して、その後お酒や果物と一緒に送ってくれたとのこと。
当時はそこまで文学界で知れていなかった石田衣良さん。
彼女は普段タレント本や経済、雑誌などは買う。
反対に、俗にいうライトノベルは嫌いだそうで、愛がいない部屋を私にくれるという。
愛ちゃんのママは何を思いながら、この本を手に取ったのだろう。

一生懸命体操するあいつと紅葉の山
学生時代、体の状態が悪い上に、偏食と、眠りの具合が良くなかったので、吹き出物が多発した。
嫌だなあと思って、食生活を改善することを誓い、体にいい事をやってみようとリサーチした。
大いにファンが多かったのが、アセロラジュースだ。
しばらくたった今でも毎晩飲むことにしている。
あのレモンよりもビタミンがたくさん摂取できるとの事だ。
ヘルシーと美はやっぱり果物からつくられるのかもしれない。

ひんやりした金曜の夕暮れに窓から

憧れのモスクワに、一度は旅したいと思う。
学校での英語学習に飽きた時、ロシア語の基礎を勉強してみようかと検討したことがある。
結局、書店で読んだロシア語基礎のテキストだけで一瞬にして辞めた。
verbの活用形が生半可ではないほどややこしかったのと、発音の巻き舌も多い。
旅行としてグルジアワインとロシアの料理を堪能しに行こうと思う。

騒がしく走るあいつと霧
少し前の夏、クーラーの効いた部屋の中で氷たくさんの飲み物をしょっちゅう飲んでいた。
私は夏は熱中症にかかっていたので、冷やすことが必要だと思ったからだ。
冷えた部屋で、キャミそれに炭酸飲料にカルピスなどなど。
なので、快適に過ごせたと思い込んでいた猛暑対策。
だけど、寒くなって、前年度よりももっと冷えを感じることが多くなった。
外に出る仕事がしょっちゅうだったこともあるが、体が冷えすぎてなるべく部屋から出れないという状態。
なので、たぶん、真夏の生活はその年の冬の冷え性対策にもつながると思っている。
多く栄養を取り、偏りのない食生活を心がけるのがベストだと思う。

暑い平日の早朝は読書を

取り掛かったら、完結させるのに時間がかかるものは、世界には多くみられる。
適切なのが、外国の言葉だろう。
と感じていたが、韓国語だけは例外で、日本の言葉と語順が同じ、その上に日本語にない音が少ないので、身に付きやすいらしい。
しばらく韓国語を学んだ友人曰く、今から始めても確実に身に付きやすいので飽きないよ、とのこと。
ちょっとだけ憧れたけれど独特な文字は絵にしか見えない。

一生懸命吠える母さんと読みかけの本
そんなに、テレビドラマは見ないほうだけど、近頃、それでも、生きていくを逃さずに見ている。
加害者の親兄弟と被害者の両親と兄達が出会ってというストーリーで、普通は起こるはずがない話の流れだと思う。
被害者側の両親と兄達と殺人犯の親兄弟のどちらも不幸な内容がえがかれている。
話の中身はめちゃめちゃ暗いのだけれど、しかしその分、映像はきれいなようにされている。
花や自然の映像がたいそう多く使われていて、牧歌的できれいな映像がとても多く使われている。
来週から、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

ぽかぽかした大安の朝は昔を思い出す

とある夜、私は彼氏と、東京のアパートからから高速道路を使用し、七里ガ浜に行った。
目的は、趣味のデジタル一眼で海岸を撮ることだったけれど、上手に撮れない。
海は久々だったので、しだいに靴を脱いで海の中に入りはじめた。
海水にも飽きて、ビーチで棒崩しをして遊びはじめた。
この時までは、絶対にそばにあった白の一眼。
じゅうぶん遊んで、帰宅途中、GSで私の一眼がない事に驚いた。
仕方なくアパートまで戻ったけど、思い出すと、とても切なくなったのを覚えている。
数百枚のメモリーが記憶されていたお気に入りの一眼、今はどこにあるんだろう?

一生懸命話すあの人とアスファルトの匂い
いつものEくんから届くMAILの話は、何のことを話したいのか全然理解できない。
お酒が入ってても飲んでなくてもほとんど理解不能だ。
そう思っていたけれど、E君が部署で考えたという、商品と募金についての紹介文を見た。
ちゃんとした文章を書くことが出来るんだ!と驚いた。

サイト内カテゴリ


サイト内カテゴリ


花花

Copyright (C) 2015 お日様と谷と少年の見た幻 All Rights Reserved.